by

節約しながら生活費を浮かせる喜び

私はいままで人生の半分を会社員として働いてきましたが、突然の廃業により会社が無くなり、一斉解雇になりました。
いままで給料がもっと上がったらいいな・・なんて、考えて生きている程度でしたが、解雇を味わい、お金に困る!という切実な体験をしました。
会社員時代にはまさか、会社が無くなるとは思ってもいなかったので貯蓄ものんびりしていました。
しかし今、この少ない貯蓄を頼りに、やりくりしています。

まず、のしかかってくるのが、毎月の年金、健康保健、市県民税です。
これは会社員の時には当たり前に天引きされていたので、毎月自分で納めることがまさかこんなに大変だとは、思いもよりませんでした。
性格的に、自分が満足に食べられなくとも社会的には認められなければいけないという想いから、まずはこの3点の支出を第一にしています。
お金を作るのはとても大変です。
したがって今、節約して「支出を減らすこと」で対策しています。

今まで美容院へ月に1度行っていましたが、自分で染めて美容院代を節約しています。
そしてネイルも今まではサロンでしてきましたが、自宅でできるセルフジェルに変えました。
この2つで1万~2万節約できます。
サロン程上手くはいきませんが、かなりの節約になります。

また毎月出かけていたショッピングは辞め、洋服は流行りに遅れない程度に今まで購入してきたものを使いまわしています。
こちらも月に1万は節約になります。

そして私は、外にいる野良ネコさんに餌を与えることが多く、今までは紙皿を毎回購入してきました。
微々たるものと思われるでしょうが、何と!1枚10円もしていたことに今頃気づきました。
毎日5匹ほどに与えているので、すぐ捨てるだけの紙皿に毎日50円も使っていたのです。
これは仕事を無くすまでは考えもしなかった盲点でした。
1か月の紙皿代だけでも1500円、節約したら大きなものと気づきました。

そしてインターネットを使い、「新聞チラシで作れるお皿」を検索して、今毎日作っています。
新聞チラシでも、3枚重ねて作ると、とても丈夫なお皿ができます。
猫さん達も違和感なく使用してくれて、食べ終わったらゴミとして簡単に捨てられます。

そして、今まで貯めてきたデパートの商品券なども、チケット売り場で売りました。
デパートでは、服や靴などしか購入できないので、今の私には必要ないのです。
売って現金にした方が利用できます。

またオークションも利用しています。
今まで購入してきたブランドものや、大事にしてきたレアなものを出品しています。

人は「自分の身の丈に合った生活をしてゆけばいいのだ」と、今回改めて感じています。
収入が毎月安定していた会社員の時には気がつかなった無駄が、今ここで気づかされています。

節約なんて初めてのことですが、100円や10円の節約が毎月になると大きいことも知りました。
今簡素化した生活がとても新鮮で、がんばって節約で生活しています。

でも、もしこのまま仕事が決まらなかったらどうしようかと不安もあります。
どうしようもなくなったら、水商売でもしてみようかとお店のチラシを見たこともあります。
しかし、そうなったとしても最初はお金がないからキャッシングとかできるんでしょうか。
いろんな疑問が湧いてきます。
この<水商売キャッシング>サイトに、ちょっと参考になることが書いてあったので、参考まで。
とりあえず、早く仕事をみつけたいと思います。

Write a Comment

Comment

CAPTCHA