by

お正月のお年玉の金額

我が家は3人家族で、子供が一人います。
毎年お金に困るイベントがあります。それは、お正月です。
お正月は親族一同が集まれる楽しいイベントですが、我が家にとっては生活に大きくダメージをうけるイベントです。

旦那の実家で毎年お正月には、親族が集まるのですが、私は長男の嫁なのでおもてなしする側です。

なので旦那の両親がほとんどメインで料理など用意するのですが、私たちもなにもしないわけにはいきませんので、こちらでも食べ物を用意します。
また、子供たちも集まるので、子供が喜ぶお菓子やゲームなんかも準備します。

その用意するお金はたいした金額ではないのですが、一番のすごい出費が「お年玉」です。
お年玉は子供にとっては楽しみの一つで、渡すこちらとしても喜んでくれるのでうれしいのはうれしいのですが、うちの親族はとにかく子供の数が多いです。幼稚園児から高校生まで10人以上はいます。

幼稚園児には千円ほどでいいのですが、高校生や、中学生、小学校の高学年の子には千円では済まないので毎年すごい金額になります。
しかも、うちは一人しかいないので、回収という言い方はよくありませんが、お年玉をみなさんからいただいてもマイナスです。

この先、さらに幼稚園の子たちが大きくなった時に渡す金額を考えると恐ろしいです。今でもぎりぎりなので正直不安です。

ちなみに、我が家は低所得家庭で普段の生活も質素で、夫婦二人で働いてやっと生活できています。夏も冬もボーナスというものはありません。
なので、お年玉のために毎月貯金している状態です。

1月は一年の中でも特に家計が厳しくなってしまいます。給料日前でどうしても困ってしまったら、旦那名義でカードローンを使ってもらっています。会社に在籍確認されるのもバレナイようにしてくれるみたいなので、少しだけ借りてしまっています。(※ローン在籍確認

私たちも、大人からこうやってお年玉をいただいて育ったのでお年玉を渡さないという考えはありませんし、子供の頃お年玉というのは本当に楽しみだったので、がっかりさせるわけにもいきませんので金額もそれなりにあげたいと思う気持ちも強いです。

さらに我が家からのお年玉は特別感を出すために、二千円札を集めて渡しています。子供は珍しいお札に喜んでくれるので今はこの状態でなんとかやっています。

お正月のこのお年玉の出費のとき以外は、低所得でもハラハラせずに生活できているので、年末が近づくと「またこの季節がきたか」と家族会議になります。

Write a Comment

Comment

CAPTCHA