一人暮らしの場合はコスパ重視

大学時代、引っ越しを初めて経験しましたが、相場がよくわかっていなかったため、まずは色々な業者に見積もりを取りましたが、各社に大きな違いがあり驚きました。

まずはCMでやっているような大手業者に連絡をとり、そのあと少しマイナーな業者に連絡したところ、大手よりも3万程安かったので、そこに決めました。正直、高価な家具を運んでもらうわけでもなく、日常生活で使用する安物ばかりの搬送だったので特に問題ないだろうとの思いで、値段重視で決めました。
実際に引っ越しを行うと、まず段ボールを無料でくれました。大手のある業者では、段ボールも料金が発生していたので、本当に会社によって違うということを実感しました。引っ越し当日は業者さん2名で作業を行っていただきました。

大きな家具としてはベッドや家電といったものでしたが、ものすごいスピードで作業を行っていく姿を見て非常に驚きました。また、自分では運べないような重い段ボールも軽々運んでいき、本当に力があるなと感じました。
新居に到着してからも、素早くものを搬入してくださり、「これはどこにおきますか?」と聞いてくれ、全部自分が指示したところに運んでくれました。
私が思い描いていた引っ越しのイメージは、土足で家に上がって荷物をどんどん投げ捨てていくイメージだったので、いい意味で裏切られました。

当然家に運ぶときは靴は脱いでいました。正直なところ、大手もマイナーも仕事内容に違いはないので、だったら安い方がいいのかな、といった印象ですが、やはり一軒家への引っ越しや、大掛かりな引っ越しの場合には、力持ちというだけでなく、日ごろから研修を受けて物を傷つけないように細心の注意を払って運んでくれる業者の方がいいのかもしれません。

しかし、一人暮らしの場合はコスパ重視で十分だと感じます。じゃないとお金がかかってしまいます。友達はこのサイトで学生でもお金を借りれるところを探して、引越し費用をまかなったと言っていました。コスパは本当に大切!
私が利用した業者は、引っ越し完了後もアンケート送ってきて、対応はどうだったか、などのアフターケアもしてくれたので、非常に好感が持てたので、今後もこの業者を利用しようと思いました。

節約しながら生活費を浮かせる喜び

私はいままで人生の半分を会社員として働いてきましたが、突然の廃業により会社が無くなり、一斉解雇になりました。
いままで給料がもっと上がったらいいな・・なんて、考えて生きている程度でしたが、解雇を味わい、お金に困る!という切実な体験をしました。
会社員時代にはまさか、会社が無くなるとは思ってもいなかったので貯蓄ものんびりしていました。
しかし今、この少ない貯蓄を頼りに、やりくりしています。

まず、のしかかってくるのが、毎月の年金、健康保健、市県民税です。
これは会社員の時には当たり前に天引きされていたので、毎月自分で納めることがまさかこんなに大変だとは、思いもよりませんでした。
性格的に、自分が満足に食べられなくとも社会的には認められなければいけないという想いから、まずはこの3点の支出を第一にしています。
お金を作るのはとても大変です。
したがって今、節約して「支出を減らすこと」で対策しています。

今まで美容院へ月に1度行っていましたが、自分で染めて美容院代を節約しています。
そしてネイルも今まではサロンでしてきましたが、自宅でできるセルフジェルに変えました。
この2つで1万~2万節約できます。
サロン程上手くはいきませんが、かなりの節約になります。

また毎月出かけていたショッピングは辞め、洋服は流行りに遅れない程度に今まで購入してきたものを使いまわしています。
こちらも月に1万は節約になります。

そして私は、外にいる野良ネコさんに餌を与えることが多く、今までは紙皿を毎回購入してきました。
微々たるものと思われるでしょうが、何と!1枚10円もしていたことに今頃気づきました。
毎日5匹ほどに与えているので、すぐ捨てるだけの紙皿に毎日50円も使っていたのです。
これは仕事を無くすまでは考えもしなかった盲点でした。
1か月の紙皿代だけでも1500円、節約したら大きなものと気づきました。

そしてインターネットを使い、「新聞チラシで作れるお皿」を検索して、今毎日作っています。
新聞チラシでも、3枚重ねて作ると、とても丈夫なお皿ができます。
猫さん達も違和感なく使用してくれて、食べ終わったらゴミとして簡単に捨てられます。

そして、今まで貯めてきたデパートの商品券なども、チケット売り場で売りました。
デパートでは、服や靴などしか購入できないので、今の私には必要ないのです。
売って現金にした方が利用できます。

またオークションも利用しています。
今まで購入してきたブランドものや、大事にしてきたレアなものを出品しています。

人は「自分の身の丈に合った生活をしてゆけばいいのだ」と、今回改めて感じています。
収入が毎月安定していた会社員の時には気がつかなった無駄が、今ここで気づかされています。

節約なんて初めてのことですが、100円や10円の節約が毎月になると大きいことも知りました。
今簡素化した生活がとても新鮮で、がんばって節約で生活しています。

でも、もしこのまま仕事が決まらなかったらどうしようかと不安もあります。
どうしようもなくなったら、水商売でもしてみようかとお店のチラシを見たこともあります。
しかし、そうなったとしても最初はお金がないからキャッシングとかできるんでしょうか。
いろんな疑問が湧いてきます。
この<水商売キャッシング>サイトに、ちょっと参考になることが書いてあったので、参考まで。
とりあえず、早く仕事をみつけたいと思います。

お正月のお年玉の金額

我が家は3人家族で、子供が一人います。
毎年お金に困るイベントがあります。それは、お正月です。
お正月は親族一同が集まれる楽しいイベントですが、我が家にとっては生活に大きくダメージをうけるイベントです。

旦那の実家で毎年お正月には、親族が集まるのですが、私は長男の嫁なのでおもてなしする側です。

なので旦那の両親がほとんどメインで料理など用意するのですが、私たちもなにもしないわけにはいきませんので、こちらでも食べ物を用意します。
また、子供たちも集まるので、子供が喜ぶお菓子やゲームなんかも準備します。

その用意するお金はたいした金額ではないのですが、一番のすごい出費が「お年玉」です。
お年玉は子供にとっては楽しみの一つで、渡すこちらとしても喜んでくれるのでうれしいのはうれしいのですが、うちの親族はとにかく子供の数が多いです。幼稚園児から高校生まで10人以上はいます。

幼稚園児には千円ほどでいいのですが、高校生や、中学生、小学校の高学年の子には千円では済まないので毎年すごい金額になります。
しかも、うちは一人しかいないので、回収という言い方はよくありませんが、お年玉をみなさんからいただいてもマイナスです。

この先、さらに幼稚園の子たちが大きくなった時に渡す金額を考えると恐ろしいです。今でもぎりぎりなので正直不安です。

ちなみに、我が家は低所得家庭で普段の生活も質素で、夫婦二人で働いてやっと生活できています。夏も冬もボーナスというものはありません。
なので、お年玉のために毎月貯金している状態です。

1月は一年の中でも特に家計が厳しくなってしまいます。給料日前でどうしても困ってしまったら、旦那名義でカードローンを使ってもらっています。会社に在籍確認されるのもバレナイようにしてくれるみたいなので、少しだけ借りてしまっています。(※ローン在籍確認

私たちも、大人からこうやってお年玉をいただいて育ったのでお年玉を渡さないという考えはありませんし、子供の頃お年玉というのは本当に楽しみだったので、がっかりさせるわけにもいきませんので金額もそれなりにあげたいと思う気持ちも強いです。

さらに我が家からのお年玉は特別感を出すために、二千円札を集めて渡しています。子供は珍しいお札に喜んでくれるので今はこの状態でなんとかやっています。

お正月のこのお年玉の出費のとき以外は、低所得でもハラハラせずに生活できているので、年末が近づくと「またこの季節がきたか」と家族会議になります。

買わなければ良かったダイエットグッズ

今までの人生で一番無駄遣いをしてしまったと思っているのは、いくら費やしたか分からないダイエット器具や食品です。

部屋のリビングの隅に埃をかぶって置かれてある、エアロバイクを見るたびに買ったことを後悔しています。 雑誌や通販番組の『痩せられます』との言葉に、何度も騙されてきました。

痩せそうだと思う商品を見付けると、すぐに買ってしまっていた私。 もちろんほとんど効果を感じることも出来ず、たいして痩せることも出来ていません。

飽きっぽい私も良くないのですが、ダイエット器具を使ってみるとどれもしんどかったんです。

しかも、このエアロバイクの時、最初は届いたばかりで楽しみながら頑張ってちょっと張り切ってもみたんですが、全然体を動かしていなかった私が、つい無理をしすぎてしまい、坐骨神経痛にになってしまったんです(*_*)

本当に最悪ですよね。そういった事もあり、今では全く乗っていません。ちなみに坐骨神痛は慰安ではだいぶ治りましたよ。

それからは、運動をせずに痩せられる方法を探しました。それで楽に痩せられると思って飛び付いたブルブル震える器具、ただ付けているだけとのことでしたが全然変化無し。

食品も美味しくなかったり、空腹感が消えなかったりとストレスだけが増えていくだけです。

ダイエット器具の中には3万円近くしたものもあり、本当に勿体ないことをしたと感じています。 その分貯金していたら、どんなに良かったでしょう。

賞味期限が切れてしまっている食品、数回しか見ていないエクササイズDVDなど今から考えると全く必要無かったと思います。

ただ捨てるのも勿体ないのでリサイクルショップに持って行っても、買い取り不可だったり10円という査定額。 とんでもない無駄遣いをしてきたことに、心から反省しています。

やっぱり、ダイエットは食べ過ぎない、これが一番の方法だと思いますね。今は、ダイエット用品に頼るんではなく、食事制限するようにしています。

毎月貯金をコツコツ増やす

私は現在派遣で働いています。毎月の給料はだいたい19万円程です。収入はこれと離婚した時の慰謝料で毎月元夫から5万円が入るので合計24万円くらいになります。

家賃や光熱費は、彼氏と同棲してるので完全半分で計算しています。ですので出て行くお金の内訳は、家賃が3万6千円、光熱費は1万円、医療保険6千円、携帯電話に1万円、食費3万円、洋服や化粧品などを買うのをおしゃれ費にして2万円、お小遣いとして3万円としています。

そして貯金を5万円以上としています。以上というのはとりあえず5万円給料から先取りしておいて、月末に残ったお金があるとそれも次のお給料の先取りの際に一緒に合わせて貯金するという事にします。

すると5万しか出来ない時もあるし、それ以上できる時もあってコツコツではありますが少しずつ貯まっていくんです。

私の場合はあと4年は慰謝料をもらえる契約を元夫と交わしているので、その分だけはきちんと貯金しておこうと思っています。

派遣の仕事はいつ切られるかが分からないもので収入面では不安定になる事も多々あります。

今は彼氏が一緒にいるおかげで生活費を折半できて少しは楽ですが、もし今後1人になった時の事を考えると少しずつでも日々貯めて置かなければ将来が不安だなと感じている今日この頃です。

ボーナスもない派遣は本当にワーキングプアになる状況なので怖いです。

現に、以前今の職場の前に派遣で行っていた会社で、急に派遣の契約を切られた事がありました。

この時はしばらく仕事を見つけられずに、貯金を切り崩して生活していましたからね。

銀行や消費者金融でお金を借りるにも、無職だと申込みする事すらできないですからね。。。

そういった経験もあったので、今は万が一に備えて少しでも多く貯めれるようにしています。 いつかは、派遣じゃなく安定した社員になれるようになりたいんですけどね。

もしくは、お金持ちと結婚かな(^_^)v次は失敗しないようにしなければ。

大変だと思うけど優しくして欲しい

看護師という仕事は、することが多くて大変だと思います。どの病院も人が足りていなくて人手不足だっていわれていますもんね。求人もかなり豊富で、今は緩和ケア病というというのが人気らしいですね。

緩和ケア病棟というのはホスピスっても言ったりしますよね。人の最期をみとるというか、痛みを取りながら最後を迎えるっていう感じなのでしょうか?はっきりとはよくわかりませんが。

何でも、あまりバタバタししなくても大丈夫な感じなので、この緩和ケア病棟の求人というか仕事が人気らしいですよ。
人の命を扱う仕事ですから、通常の業務以上に神経を尖らせているんだと思います。
だからこそ、キツイ人が多いのでしょう。
でも出来れば、看護師さんには優しくして欲しいし、やさしくできるような心の余裕を持てる程度には、看護師の仕事は楽になるべきだと思います。もちろん中には優しい人もいると思うのですが、私が対応した看護師さんはキツイ人が多かったように思えます。私だけなのかもしれませんけどね…。
病院に来る患者も、心に、体に、不安を抱えてやってきています。そんな人達を癒せるのは看護師の優しい笑顔だけなのです。
どうか、看護師の方が優しい笑顔で患者に接することが出来るような、徹夜明けで目の下にくまを作って接するような事のないようになれば、と思います。
そうすれば病院へのクレームや、医療過誤も減るのではないかと思います。医療過誤ってホントに残念としか言いようがないというか、かなりつらい事件ですので、無くなる日が来ればいいんですけどね。

ロボットと違い人が処置するわけですから、どうしてもミスというのは出てくると思いますので、看護師さんが無理することなく心に余裕を持って働けるようになるといいですよね。

エコは大事

今エコな生活って非常に重要になってきていますよね。住宅ローンを組むときも、エコな家である太陽光発電とかを付けておけば、エコ住宅金利って言いう感じの優遇された金利が適用されます。

家計にもうれしいですし、地球にも優しいとなればいいことばかりですよね。